ご訪問くださり、ありがとうございます^^♡

お友達作りのサポートや、人を繋げるお手伝いをしています。あなたの力になれたら嬉しいです♡


♡ 開催中のEvent   : こちらをチェックください ⇒ http://bit.ly/1RRq1iQ
♡ 無料メール相談  : こちらからお願いいたします ⇒http://bit.ly/1UMz2tW
♡ Skypeのお申し込み: こちらからお願いいたします ⇒ http://bit.ly/1UultPP
♡ アンケートのご協力: こちらからお願いいたします ⇒ http://bit.ly/1ZQQehc
♡ ベタちゃんを知る : この動画が最適です ⇒http://bit.ly/1Vg7EDg

2016年5月16日月曜日

読書に対する劣等感

 

本の恥じから広がる未来

 
 
社会人になるまで、ずっと読書が苦手でした。
 
社会人になって漸く楽しさに目覚めたものの、
選ぶのはいつも小説ばかりでした。
 
○○殺人事件みたいな、ミステリ系を好みました。
 
 
 
 
さて。
 
経営者、起業家、フリーランス、独立を目指す人、
このような方々と交流するようになって、感じたこと。
 
 

皆さんとにかく意識が高い!!
 
 
選ぶ本にもそれは表れていて
偉人の伝記、歴史本、ビジネス書、自己啓発書、など。
 
 
「今はこれを読んでいて。」
「やっぱり歴史から学ぶって大切ですよ。」
 
 
がーん…
 
 
 
私は今まで、そんな本を全く読んでこなかった。
 
独立起業のような向上心溢れる世界に飛び込んでも、
 
 
「本を読めば変われる!!」

 
ってことじゃないと思っていたので、意識してこなかった。
 
 
 
でも、最近は
本から学べることってたくさんあるな~
知らないことたくさんだな~  って感じれて、そして、
 
自分なりに気持ちの良い読み方、気持ちの良い選び方、
気持ちの良い本との付き合い方を見つけたので 、

読書が好きです^ ^ 
 

 
今日は、
本に対する劣等感、コンプレックスから学んだこと、
1冊の本から得られた気付き、を動画にしました。
 
 
何かしらの参考になれば嬉しいです✨





初めは周囲の意識の高さに「恥ずかしくなって」本を手に取ってみた。
 
その「恥ずかしい」という痛みを感じた時に、変わろうと行動してみて、
ちょっと違う観点から、もっと世界が広がったお話です。


意外と自分の中に、既に知っている要素ってあるのです。
それを見つけて自信にしてみてください
 
 
  • 劣等感、コンプレックスを感じる世界に踏み込む
  • 意外と物知り!?著者と同じ知識を持っていることに対する「自信」
  • 「知っている」に出会った時の選択が成長の決め手!
  • 相手に強烈に印象を与える順序
  • 一番効果的で幸せな学び方
  • 「知っている」状態と「教えられる」状態の違い
  • 常に、未来が広がる思考をする


知っていた=で止めないと、新しい気付きが得られる
知っていた=効果的な学び方、印象に残るInputの順位を再確認
知っていた=自信、アウトプット、未来を広げる

 

0 件のコメント:

コメントを投稿